FC2ブログ

プロフィール

マイガレージ

Author:マイガレージ
高山市冬頭町で車の販売、メンテナンス、鈑金、車検、用品取付及び、家庭用石油燃焼機器のメンテナンスを行っています。

ファンヒーターの事から自転車のパンク修理まで、気さくな雰囲気をモットーにしていますので、何でも相談してみて下さい。

メールはmy-garage@wonder.ocn.ne.jpへどうぞ

最新記事

最新コメント

お帰りの際に『ポチっ!』とお願いします。

カテゴリ

閲覧頂きましてありがとうございます

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
2446位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
407位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

ランキング参加中です

2015/06/16 (Tue) 20:00
当店のエンジンオイル交換は

当店のエンジンオイル交換は、だいたいこのような内容で行っています(^^)

先日入庫して頂いた『レガシィ』

まずはエンジンオイルを、オイルドレンプラグ(オイルパンに付いているネジです)から抜きます。

IMG_5835.jpg

オイルドレンプラグに付いている『ドレンプラグパッキン』、基本的には全て交換します。

1度使用すると形が変形し、2度目は密着性が弱くなるためです。

写真で比べるとよく解りますね。

IMG_5836.jpg

IMG_5837.jpg

IMG_5838.jpg

エンジンオイルが抜けてしまったら、新しい『オイルドレンパッキン』を取り付けたドレンプラグを、オイルパンに取り付けます。

IMG_5839.jpg

その際に『締めすぎ』を防止するため、トルクレンチで計測しながら締めつけます。

BHレガシィの、オイルドレン締め付け指定トルクは44N/mですので、トルクレンチを指定値にセットします。

IMG_5840.jpg

オイルドレンプラグをトルクレンチでゆっくり締め付けてゆき、指定トルクになるまで締めます。

IMG_5842.jpg

トルク実測値で『47.5N/m』、+7.9%で、少し強めですが、許容範囲です(笑)

IMG_5843.jpg

それらの数値や確認事項などをを全て記録し、保管しています。

なぜしているかと言うと、もちろんお客さまに安心を提供させて頂くためです(^^)
(自分の自己満足かも・・・・・!?)

IMG_5844.jpg

指定のエンジンオイルを注入し、エンジンを始動

オイル漏れが無いかを目視確認します。

IMG_5845.jpg

IMG_5846.jpg

漏れが無い事を確認したら、エンジンを止めてオイル量の確認。

IMG_5847.jpg

エンジンオイルのフィラーキャップ(エンジンオイルの注入口です)の取り付けや、オイルレベルゲージをしっかり奥まで差し込んであるかを確認し、

IMG_5848.jpg

エンジンルームにウエスや工具を置き忘れていないかを確認し、ボンネットを閉めます。

最後に現在の走行距離を確認し、次回交換距離のステッカーを作製

IMG_5850.jpg

ステッカーを貼り付けて完成です。

他のスタンドさんや車屋さん等より少々お時間を頂いておりますが、確認作業を徹底しているためですので、ご容赦願います。

エンジンやミッションのオイル交換、ぜひお任せ下さい。

<< スズキ アルト ラパン 納車です | ホーム | 6月22日(月)~25日(木)は >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム