プロフィール

マイガレージ

Author:マイガレージ
高山市冬頭町で車のメンテナンス及び、家庭用石油燃焼機器のメンテナンスを行っています。

ファンヒーターの事から自転車のパンク修理まで、気さくな雰囲気をモットーにしていますので、何でも相談してみて下さい。メールはmy-garage@wonder.ocn.ne.jpへどうぞ

とってもお得なモバイルメール会員様『大募集中!』

詳しくは当ブログの『カテゴリ』(この少し下にあります)の『お得情報』からどうぞ!

最新記事

最新コメント

お帰りの際に『ポチっ!』とお願いします。

カテゴリ

閲覧頂きましてありがとうございます

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1740位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
296位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

ランキング参加中です

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/06/10 (Fri) 08:00
またまたファンヒーター修理です


またまたファンヒーターです。

今回お預かりしたファンヒーターは『アラジン』の石油ファンヒーター。

このメーカーのファンヒーターは昔の『ナショナル』(現パナソニック)の石油ファンヒーターと同じもの!?

どうやらネットで見た情報では、ナショナルが石油ファンヒーターの製造から撤退してから、権利を譲渡したみたいですね。

IMG_6573.jpg

IMG_6574.jpg

バラしていくと、間違いなく『ナショナル』のファンヒーターそのものです!

IMG_6575.jpg

IMG_6576.jpg

IMG_6577.jpg

IMG_6578.jpg

全て『全バラ』して、組上げて作業終了です。

IMG_6579.jpg

IMG_6580.jpg

石油ファンヒーター、これからしまう前にクリーニングおすすめです。
スポンサーサイト

2016/06/08 (Wed) 09:00
ファンヒーター修理


先日の作業です。

ファンヒーターの調子が悪いとの事で、持ってきていただきました。

ダイニチのファンヒーターの調子の悪い場合、8割以上が『気化器』です(^^;)

IMG_6555.jpg

このファンヒーターも『気化器』です。

補修用部品を手配して、交換作業&クリーニングです。

IMG_6556.jpg

いつも通りに『全バラ』し、クリーニング作業をします。

IMG_6558.jpg

ダイニチのヒーターは灯油の残りがあると調子悪くなることがあるので、すべて拭き取るまでくらいに吸い取ります。

IMG_6559.jpg

IMG_6560.jpg

IMG_6562.jpg

バーナー周りの部品は、指定の値の位置に調整します。

IMG_6563.jpg

IMG_6564.jpg

いつも通りクリーニングして、

IMG_6565.jpg

IMG_6566.jpg

作業の内容をテープで貼っておきます。

IMG_6567.jpg

ちなみに石油ファンヒーターは、製造後10年を経過すると部品供給をしてもらえません。

この石油ファンヒーターは2012年製造ですので、まだまだ大丈夫です(^^)

IMG_6568.jpg

クリーニングや調整を済ませた各部品を組みつけていきます。

IMG_6569.jpg

IMG_6570.jpg

最後に試験燃焼をして、異常が無いことを確認し、

IMG_6571.jpg

前面パネルを取り付けて、作業終了です。

IMG_6572.jpg

家庭用石油ファンヒーターの修理、メンテナンス、お任せください。

2016/02/10 (Wed) 18:00
石油ファンヒータークリーニング

またまた石油ファンヒーターです(^^)

お預かりしたのは今は珍しい『東芝』の石油ファンヒーター

IMG_6455.jpg

前面パネルを外すと、温風吹き出し口にホコリが・・・

IMG_6456.jpg

このヒーターも『全バラ』決定です(^^)

IMG_6457.jpg

どんどんバラして、各パーツをクリーニングしていきます。

IMG_6458.jpg

IMG_6459.jpg

このヒーターももちろん『全バラ』しました(笑)

IMG_6461.jpg

クリーニングしたパーツを組みつけていき

IMG_6462.jpg

完成したところで燃焼試験。

IMG_6463.jpg

きれいに燃焼しています。

家庭用石油燃焼機器のメンテナンス、修理、ぜひお任せください。

2016/02/07 (Sun) 18:00
ファンヒーター修理が多いですね(^^;)

先日お預かりした石油ファンヒーター。

化粧品に含まれる『シリコン』が原因で、ヒーターの『再点火防止装置』が働き、使用不能になった石油ファンヒーターです。

製造年は2012年、最近の製品ですので、修理すればまだまだ使えますね。

IMG_6437.jpg

早速バラします。

バーナーや燃焼筒はシリコンで真っ白!!

IMG_6438.jpg

IMG_6439.jpg

付着しているシリコンをきれいに取り除き、バラした燃焼筒を組み立てます。

IMG_6440.jpg

IMG_6441.jpg

IMG_6442.jpg

IMG_6443.jpg

燃料フィルターもきれいにクリーニングして、

IMG_6444.jpg

IMG_6445.jpg

その他のパーツも全てバラしてクリーニング(^^)

IMG_6446.jpg

IMG_6447.jpg

いつも通りに底板1枚までバラして

IMG_6448.jpg

クリーニングを済ました各パーツを組みつけていきます。

IMG_6449.jpg

IMG_6450.jpg

IMG_6451.jpg

IMG_6452.jpg

燃焼確認をして、無事に修理完了です。

皆さんも化粧品には注意してくださいね。

シリコンが配合されているヘアスプレーなどは、石油ファンヒーターを使用している部屋で使うと、故障の原因となります。

石油ファンヒーターのメンテナンスや修理、お任せください。

2016/01/27 (Wed) 18:00
随分と久しぶりの更新です(大汗)

随分久しぶりの更新です。長い間サボってしまいました(汗)(^^;)

正月は本当に久しぶりにゆっくりと過ごさせて頂きましたが、1月に入ってからありがたい事に仕事が順調で、写真は撮っているんですが、ブログにアップできない日が続いています。

今週からだいぶん落ち着いてきた(つまりは暇!)ので、ブログの更新を再開し、出来ていなかった訪問返しもさせて頂こうと思います。


さて、毎度おなじみの石油ファンヒーターネタです(^^)

お預かりしたのは三菱のヒーター。

途中で失火したり、着火しなかったりするそうです。

IMG_6294.jpg

三菱のヒーターでこの症状の場合、ホコリが一番の原因であることがほとんどです。

このヒーターも温風吹き出し口を見てみると、ホコリが外から確認できます。

IMG_6295.jpg

前面パネルを外してみると

IMG_6296.jpg

結構なホコリがあるため、このヒーターも『全バラ』決定!!

IMG_6297.jpg

IMG_6298.jpg

IMG_6299.jpg

IMG_6300.jpg

IMG_6301.jpg

IMG_6302.jpg

いつも通りにばらしていき、

IMG_6303.jpg

灯油の受け皿の中や外もきれいにします。

IMG_6304.jpg

IMG_6305.jpg

IMG_6307.jpg

IMG_6308.jpg

IMG_6309.jpg

IMG_6310.jpg

バーナーの部分も全部バラして、底板1枚の状態にして、

IMG_6311.jpg

IMG_6312.jpg

クリーニングが済んだ各パーツを、元通りに組み付けます。

IMG_6313.jpg

IMG_6314.jpg

燃焼試験をして、動作確認を済ませて、作業終了です。

IMG_6315.jpg

きれいな炎で、安定して燃焼するようになりました。

家庭用石油燃焼機器のメンテナンス、ぜひお任せください。

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。