FC2ブログ

プロフィール

マイガレージ

Author:マイガレージ
高山市冬頭町で車の販売、メンテナンス、鈑金、車検、用品取付及び、家庭用石油燃焼機器のメンテナンスを行っています。

ファンヒーターの事から自転車のパンク修理まで、気さくな雰囲気をモットーにしていますので、何でも相談してみて下さい。

メールはmy-garage@wonder.ocn.ne.jpへどうぞ

最新記事

最新コメント

お帰りの際に『ポチっ!』とお願いします。

カテゴリ

閲覧頂きましてありがとうございます

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
303位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

ランキング参加中です

2018/02/18 (Sun) 16:05
ファンヒーター修理

先日の作業です。

電話でご依頼頂いたファンヒーター修理。

作業依頼を伺ったところ、奥様が毎日使用されているとのことで、昼のうちに作業を完了してほしいとのこと。

当店でお貸ししている代品のファンヒーターもありますよ、とお勧めしましたが、使い慣れているファンヒーターが良いとのことで、当店の時間が空いている時までお待ちいただき、作業させて頂きました。

お預かりしたのはダイニチの製品で、製造から10年以上経過しているため、部品交換が必要な場合、修理出来ない旨を説明させて頂き、作業開始です。

IMG_9172.jpg

まずは症状を見るために試験燃焼。

IMG_9173.jpg

燃焼を始めてすぐに、炎が小さいことに気付きました。

IMG_9174.jpg

前面パネルを外し、大量のホコリを確認。

IMG_9175.jpg

IMG_9176.jpg

IMG_9177.jpg

『全バラ』決定です(笑)

気化器周辺が冷却出来てから、いつも通りにすべてバラします。

IMG_9178.jpg

IMG_9179.jpg

IMG_9181.jpg

どんどんバラして、底板に取り付けられている灯油受けも分解クリーニングします。

IMG_9182.jpg

IMG_9183.jpg

IMG_9184.jpg

IMG_9185.jpg

IMG_9186.jpg

底板1枚にして、

IMG_9187.jpg

このホコリも・・・

IMG_9188.jpg

きれいになったでしょ?(結構きれいにするのが大変でした)(^_^;)

IMG_9189.jpg

クリーニングの済んだ部品を組みつけていきます。

IMG_9191.jpg

IMG_9192.jpg

IMG_9193.jpg

組付けが済んだら、試験燃焼して、異常がないか確認します。

IMG_9194.jpg

炎も大きく、安定して燃焼しています。

IMG_9195.jpg

最後に外側のクリーニングをして、

IMG_9196.jpg

包装して完了です。

年数がたっているので気化器が少し心配ですが、そのことも説明させて頂き納品しました。

家庭用石油燃焼機器の事もお任せください。


2018/01/29 (Mon) 11:35
古いファンヒーターのメンテナンスは・・・

以前お預かりした石油ファンヒーター

日立のOVF-H30W

製造はたぶん30年くらい前のものだと思います。

IMG_8943.jpg

基本的にあまり古いものは、メンテナンスをお断りするのですが、

このヒーターについてはいろいろな理由からお受けしました。

内部を見てみると割合汚れも少なく、基板の焼けも見受けられません。

全体のクリーニング、メンテナンスををして、試験燃焼をして不具合があったら廃棄させて頂く事を条件に、メンテナンス開始です。

IMG_8944.jpg

IMG_8945.jpg

IMG_8947.jpg

IMG_8948.jpg

結果は・・・




バッチリでした。

石油ファンヒーターの事、あきらめずご相談ください(^^)v

2018/01/09 (Tue) 15:42
石油ファンヒーター修理

年末にした仕事です。

年末は結構ファンヒーター修理が多かったんですが、その多くが『シリコン』と『不純灯油』でした。

この石油ファンヒーターもそうでした。

お預かりしたダイニチの石油ファンヒーター

『換気』サインが出て、運転を停止してしまうそうです。

前面パネルを外して試験燃焼すると、

炎が大きくなって、燃焼筒を赤くするぐらいになっています。(写真では解りづらいですが…)

DSC_0155.jpg

早速分解してみます。

バーナー部を見てみると、シリコンの付着が確認できます。

DSC_0157 - コピー

バーナーヘッドとセンサーをクリーニングし、試験燃焼・・・

DSC_0158 - コピー

DSC_0159 - コピー

炎が安定しないので、このヒーターも『全バラ』決定!(笑)

徹底的にクリーニングし、いつも通りに底板1枚まで

DSC_0160.jpg

そして、元通り組み立て、灯油を抜き替えて試験燃焼したら、バッチリ直りました。

家庭用石油燃焼機器の修理、メンテナンス、ぜひご相談ください。

2016/06/10 (Fri) 08:00
またまたファンヒーター修理です


またまたファンヒーターです。

今回お預かりしたファンヒーターは『アラジン』の石油ファンヒーター。

このメーカーのファンヒーターは昔の『ナショナル』(現パナソニック)の石油ファンヒーターと同じもの!?

どうやらネットで見た情報では、ナショナルが石油ファンヒーターの製造から撤退してから、権利を譲渡したみたいですね。

IMG_6573.jpg

IMG_6574.jpg

バラしていくと、間違いなく『ナショナル』のファンヒーターそのものです!

IMG_6575.jpg

IMG_6576.jpg

IMG_6577.jpg

IMG_6578.jpg

全て『全バラ』して、組上げて作業終了です。

IMG_6579.jpg

IMG_6580.jpg

石油ファンヒーター、これからしまう前にクリーニングおすすめです。

2016/06/08 (Wed) 09:00
ファンヒーター修理


先日の作業です。

ファンヒーターの調子が悪いとの事で、持ってきていただきました。

ダイニチのファンヒーターの調子の悪い場合、8割以上が『気化器』です(^^;)

IMG_6555.jpg

このファンヒーターも『気化器』です。

補修用部品を手配して、交換作業&クリーニングです。

IMG_6556.jpg

いつも通りに『全バラ』し、クリーニング作業をします。

IMG_6558.jpg

ダイニチのヒーターは灯油の残りがあると調子悪くなることがあるので、すべて拭き取るまでくらいに吸い取ります。

IMG_6559.jpg

IMG_6560.jpg

IMG_6562.jpg

バーナー周りの部品は、指定の値の位置に調整します。

IMG_6563.jpg

IMG_6564.jpg

いつも通りクリーニングして、

IMG_6565.jpg

IMG_6566.jpg

作業の内容をテープで貼っておきます。

IMG_6567.jpg

ちなみに石油ファンヒーターは、製造後10年を経過すると部品供給をしてもらえません。

この石油ファンヒーターは2012年製造ですので、まだまだ大丈夫です(^^)

IMG_6568.jpg

クリーニングや調整を済ませた各部品を組みつけていきます。

IMG_6569.jpg

IMG_6570.jpg

最後に試験燃焼をして、異常が無いことを確認し、

IMG_6571.jpg

前面パネルを取り付けて、作業終了です。

IMG_6572.jpg

家庭用石油ファンヒーターの修理、メンテナンス、お任せください。

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ